トップページ > ビジネス書 > 会計はプロ・ビジネスパーソンにとっての必須知識! - 書評『会計の基本がわかる本』

会計はプロ・ビジネスパーソンにとっての必須知識! - 書評『会計の基本がわかる本』

会計の基本がわかる本

会計の基本がわかる本

 これから管理職・役員としてキャリアを進めていきたい人や、起業をしたいと考えている人にとって、会計を知っているかが一つの鍵になる。そうは言っても、なにも簿記の資格をわざわざ取る必要もなく、会計のしくみを理解して経営的な判断ができるようになることが重要である。特にビジネスパーソンの中には、簿記を知らないがために手をつけにくいという印象を持っている人も多いことだろう。

 「会計の基本がわかる本」では、簿記の知識がなくても会計知識を基礎から身につけられる入門書である。新会社法に対応しており、決算書にとどまらず管理会計や経営分析なども幅広く解説しているところが本書の特徴だ。まだ、見開きで一つの解説項目が完結しているために、気になったページからチェックをしていくことができるお手軽さもある。ただ、この見開き構成が原因で、わかりやすくまとまった解説があった反面、そうでない解説も多少あったと感じられた。

 本書では、会計とは「経営のモノサシ」であり、これからはビジネスランゲージとして重要になってくることを主張している。つまり、管理職以上のビジネスパーソンにとっては今後必要不可欠なものになってくるわけだ。専門分野に加えてプラスの知識を持つことで、一層プロの道への拍車をかけられることだろう。

書籍名:会計の基本がわかる本 [実務入門] (実務入門)

著者名:宮入勇二

発行元:日本能率協会マネジメントセンター

この記事は参考になりましたか?
1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (まだ評価されていません)
Loading ... Loading ...

コメント:0

コメント投稿フォーム
入力した情報を記憶させますか?

トラックバック:0

このエントリーへのトラックバックURL
http://field-side.com/archives/14.html/trackback
以下はこのブログの参照リンクです。
会計はプロ・ビジネスパーソンにとっての必須知識! - 書評『会計の基本がわかる本』 from FieldSide
RSSフィード
相互リンク

ページトップへ