トップページ > ビジネス書 > 時間が欲しいと嘆く前にやるべきこと - 書評『最少の時間と労力で最大の成果を出す「仕組み」仕事術』

時間が欲しいと嘆く前にやるべきこと - 書評『最少の時間と労力で最大の成果を出す「仕組み」仕事術』

18.png

最少の時間と労力で最大の成果を出す「仕組み」仕事術

本書『「仕組み」仕事術』の目的は「仕事の仕組み化によって時間を作り上げること」だ。もっと事業のことを考える時間がほしい、もっと自分の技術を高める時間を取りたいという思いを持つ人は少なくないだろう。だからこそ、今自分が手がけている仕事が本当に最適化された作業になっているのかを見極める必要がある。
仕事には大きく分けて、雑務やルーチンワークなどの”作業系”と企画や戦略立案などの”考える系”という二つの種類が存在する。”作業系”の仕事をいかに仕組み化し、浮いた時間を考える系の仕事にいかに振り向けるか。これを突き詰めることによって、仕事の時間効率が向上するという。具体例として、説明会準備のためにチェックリストを用いたり、自分のすべきことをすべてToDoリストにまとめておく方法などが紹介されている。
著者は、「面倒くさいことは、徹底的に楽にやることを追求する。」と言っている。時間が欲しいと嘆く前に、まず自分の手元にある面倒な作業系の仕事を最適化し、仕事を進めるための「楽」を目指すことが大切なのだ。

書籍名:最少の時間と労力で最大の成果を出す「仕組み」仕事術

著者名:泉正人

発行元:ディスカヴァー・トゥエンティワン

この記事は参考になりましたか?
1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (まだ評価されていません)
Loading ... Loading ...

コメント:0

コメント投稿フォーム
入力した情報を記憶させますか?

トラックバック:0

このエントリーへのトラックバックURL
http://field-side.com/archives/43.html/trackback
以下はこのブログの参照リンクです。
時間が欲しいと嘆く前にやるべきこと - 書評『最少の時間と労力で最大の成果を出す「仕組み」仕事術』 from FieldSide
RSSフィード
相互リンク

ページトップへ