トップページ > ビジネス書 > 働かずしてお金は回らない - 書評『14歳からのお金の話』

働かずしてお金は回らない - 書評『14歳からのお金の話』

22.png

14歳からのお金の話

本書『14歳 からのお金の話』の目的は「働くことの意味を知る」ことだ。我々は、空気を吸うのと同じように無意識にお金を使って生きている。それゆえ、金欠が重大な問題であることは痛感しているが、お金の存在意義については正直理解していない。この原因が「お金にまつわる教育の欠如」にあると本書を読みながら感じた。

本書は、お金の始まりから現代社会のお金の仕組みと動きついて解説する、マネーの教科書と言える。書籍名の通り、14歳からでも理解できるように図や4コママンガで分かりやすく解説しており、大人であればお金についての理解をあらためて深めることができるだろう。

本書はお金の仕組みを解説するものだが、仕組みの次に重視される部分とは、お金とヒトとの関係性になってくる。モノや技術を社会のだれかに売ることで、お金ははじめて手に入るものだからだ。従って、僭越ながら続編のタイトルを今からつけるとすれば『14歳からの顧客満足』となるだろう。著者の「働くとは、 社会のだれかに喜んでもらえること」という主張も、「顧客満足」についての最良の布石となっているように思われるのだが、いかがだろうか?

書籍名:14歳からのお金の話

著者名:池上彰

発行元: マガジンハウス

この記事は参考になりましたか?
1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (まだ評価されていません)
Loading ... Loading ...

コメント:0

コメント投稿フォーム
入力した情報を記憶させますか?

トラックバック:0

このエントリーへのトラックバックURL
http://field-side.com/archives/52.html/trackback
以下はこのブログの参照リンクです。
働かずしてお金は回らない - 書評『14歳からのお金の話』 from FieldSide
RSSフィード
相互リンク

ページトップへ