トップページ > ビジネス書

カテゴリー : ビジネス書

ビジネスを成功へ導く質問力とは? - 書評『するどい「質問力」!』

21.png

するどい「質問力」! - 「問題」を一秒で解決する

本書『するどい「質問力」』の目的は、「ビジネスにおける問題解決能力を高める」ことだ。コミュニケーションの円滑化や説得など“質問”を投げかける理由は様々だが、それはときとして局面をがらりと変えてしまうほどの力を秘めている。問題解決のトリガーとなりうる“質問”スキルを、磨かずにおく手はないというわけだ。 続きを読む

マーケティングって何ですか? - 書評『ケースで学ぶマーケティングの教科書』

20.pngケースで学ぶマーケティングの教科書

本書『ケースで学ぶマーケティングの教科書』の目的は「売れるようにすること」だ。マーケティングにおいてまず重要なのは、その定義である。マーケティングが販売活動の生命線であるとする意識はあっても、そもそもそれは何なのか即答できる人は少ないだろう。また、各人による千差万別の定義があることから、これをバズワードだとみなす向きもある。 続きを読む

シンプリシティをマーケティングで活用する時代 - 書評『シンプリシティの法則』

19.png

シンプリシティの法則

本書『シンプリシティの法則』の目的は、「人に受け入れられるシンプリシティを創造すること」だ。テクノロジーが進化した現代において、身の回りの製品・サービスには複雑なものが多い。ケータイ一つをとっても、機能の多さに困惑する人もいるだろう。近年では高齢者にも使いやすい通話だけのケータイも登場しており、シンプルさがマーケティングで重視されるようになってきている。 続きを読む

時間が欲しいと嘆く前にやるべきこと - 書評『最少の時間と労力で最大の成果を出す「仕組み」仕事術』

18.png

最少の時間と労力で最大の成果を出す「仕組み」仕事術

本書『「仕組み」仕事術』の目的は「仕事の仕組み化によって時間を作り上げること」だ。もっと事業のことを考える時間がほしい、もっと自分の技術を高める時間を取りたいという思いを持つ人は少なくないだろう。だからこそ、今自分が手がけている仕事が本当に最適化された作業になっているのかを見極める必要がある。 続きを読む

学校では教えないコミュニケーションの段取り - 書評『ビジネスは論理力』

17.png

ビジネスは論理力 - MBAでは学べないロジカル・シンキング

本書「ビジネスは論理力」の目的は、『ビジネスをはじめ、あらゆる面でのコミュニケーションの質を高めること』だ。一言にコミュニケーション能力といっても、抽象的な意味合いで表現されていることが多く、様々な解釈の仕方が成り立ってしまう。著者はこれを、自分を取り巻く周囲の人々やモノとうまく交流できることであると説明し、そのためには関係性のマネジメント力の高さが問われるとしている。普段の会話の中でも、相手に伝えたい内容が実は断片的にしか伝わっておらず、何度も聞き返されたことがあるような人は、この力がまだ育てられていないということだ。 続きを読む

攻めのマナーでゴールを狙え! - 書評『大人のマナー』

16.png

大人のマナー

社会人になると、上座はこっちで下座はこっちという基本的なビジネスマナーを叩き込まれるが、これは守るためのマナーに過ぎない。サッカーに例えるなら、守っているだけでは得点など入らず、攻めてゴールを決めることで初めて勝利は勝ち取れるものなのだ。会社でも同じようにマナーで攻めて自分の得点(評価)を稼ぐことができるのである。フィールドや得点を稼ぐための道具は違えど攻めることで勝ち取るというスポーツに共通している点がある。 続きを読む

内部統制の本質を知れ!幸せを手にするための読解力とは? - 書評『リスク過敏の内部統制はこう変える!』

15.png

リスク過敏の内部統制はこう変える!

内部統制なんて上からやらされているだけだと感じる人は多いはず。でも、本書「リスク過敏の内部統制はこう変える!」の著者である戸村智憲氏は、内部統制の本質とは「幸せ統制」だとしている。実は男女の浮気を未然に防ぐことや、浮気の事実を明らかにすることでさえ内部統制なんだと分かれば、目指すものが幸せというのはうなずける。 続きを読む

Webサイトも医者の診断と処方を受けるべき! - 書評『「Webコンサルタント」という選択』

14.png

「Webコンサルタント」という選択 - 成長企業のトップはすでに活用している
Web業界には様々な専門会社が存在する。大きな種類で見るとWebサイトを構築するものと運用するものに分かれ、多くの会社はこのどちらかの業務を行っている。しかし、Webコンサルタントという職種はこの両方の業務を行って顧客のサイトを全面的にバックアップしている。Webサイトの診断結果を元に処方をし、その後の経過を一緒に見守りながら改善させていくWebの医者のような存在だ。必要があれば手術(再構築)まで行えるのもWebコンサルタントの強みだ。
続きを読む

鈍さからもたらされる幸福とは? - 書評『鈍感力』

13.png 鈍感力

鈍感力とは、ある刺激に対しての良い意味での反応の鈍さのことを指している。それは、精神的な面では何事も気にしないという心の強さ、肉体的な面では生 存するための体の強さに大きく分けられる。たとえば、失敗して叱られてもへこたれない不屈の精神や、食中毒にも負けない強い体を持っているということは、 ひとまとめに鈍感力が備わっていると言えるのだ。 続きを読む

経営を語る前に組織を知れ! ある先達によるケーススタディ - 書評『社長失格』

12.png

社長失格 - ぼくの会社がつぶれた理由

本書「社長失格」の著者であるハイパーネット元社長の板倉雄一郎氏は、1998年当時に自身が経営者として「組織に対する理解がまったくなかった」ことが致命的な欠陥であったことを述べている。それは企業を支える一人として、他社や自社の社員に対する配慮が欠けていたことを意味する。そのため、組織を知らずに社長からスタートした同氏の事業がケーススタディとなって語られることは少なくない。 続きを読む

RSSフィード
相互リンク

ページトップへ